交通事故にあってしまったら

不幸にも交通事故にあってしまった際、気が動転してしまい正常な判断ができない場合が多いです。
そんな時は「鍼灸接骨院 そら SORA」のこのページを思い出してください。携帯電話のお気に入りに登録して頂いても
結構です。ここでは、交通事故にあってしまった際の手順、そして接骨院治療の必要性に関してご説明させて頂きます。

交通事故時にまずすべきこと

1.加害者または被害者の車の確認

事故後のやりとりが必要となりますので、運転免許書や名刺を提示してもらい氏名や連絡先をメモしておきましょう。また、車両のナンバーや自賠責保険証・任意保険証の証明書番号も確認をしてください。

2.事故現場の状況確認

他に死傷者がいないか、車両の破損状況、道路における危険の有無などの事故現場の状況を確認してください。 目撃者がいる場合は目撃者に話を聞いて証言をメモをしたり、後日証人になってくれるよう頼んで氏名や住所、連絡先を聞いておくことも大切です。

3.警察や救急隊へ連絡を入れる

ケガ人が出ている場合は救急隊に連絡を入れてください。
また、ケガ人が出ていない場合や処置を受けるほどではない場合であっても警察には必ず連絡を入れてください。警察へ報告が行われていないと保険金請求手続きに必要になる交通事故証明書が発行されません。円滑に解決を行うためにも警察という客観的な立場の人たちの見解が必要となります。

4.事故処理が終わった後は必ず医療機関で受診してください

事故直後は軽いケガだと思っていたとしても必ず病院を受診するようにしてください。
当院の料金一覧のページにも記載しておりますが、むち打ちの症状が数日経過したのちに痛みや違和感を伴って現れた場合もあります。その場合、治療期間に数ヶ月も要した事例や後遺症として残ってしまった事例もありますので素人判断で大丈夫だとは思わずにちょっとした異常でも医師の診察を受けるように心掛けましょう。

交通事故による
後遺症治療のご相談

フリーダイヤル
0120-810-570

メールフォームはこちら

法律の専門家と提携しております!

交通事故にはいろいろな諸問題がよくおこります。当院では交通事故で生じる諸問題を円滑に、解決に至るまで専門家と連携し、患者様が安心して治療に専念できるように全面的にサポートさせて頂きます。

治療費の自己負担金額

鍼灸接骨院 そら SORAでは自賠責保険などの事故保険を使用していくことが可能です。
従って、患者様がお支払する治療費の自己負担はいっさいございません。(一部特殊治療を除く)
ケガの治療は治療院として当然のことですが、交通事故に関する様々な不安や疑問についてもしっかりとサポートさせて頂いております。
なんでもお気軽にお問い合わせください。

接骨院とその他医療との違い

接骨院と整形外科との違い

骨に異常がある場合、接骨院では「自己治癒の促進」など補完としての治療をすることは可能ですが骨折治療や保定などは整形外科などの医療機関が主要な治療機関となります。 しかし、「骨に異常がなかった場合」それでも「体に痛みがある場合」は骨ではなく筋肉組織を損傷している可能性があります。この場合、整形外科では湿布や塗り薬(または飲み薬)などで回復を補助することが多いのですが、長く後遺症を引きずってしまう場合も少なくありません。
私たち接骨院は柔道整復師という国家資格を有し、このような「筋肉組織」を治療するプロフェッショナルであると考えてください。「鍼灸接骨院 そら SORA」では、交通事故に伴う症状を大きく改善させる技術と実績がございます。

理学療法士(PT)、整体院(カイロプラクティック)との違い

私たち接骨院(柔道整復師)とよく混同されてしまう資格に理学療法士(Physical Therapist:略してPT)がございます。理学療法士は病院内で医師の指示のもとに早期の社会復帰を目的とした機能回復の為のリハビリをおこなう専門療法士です。
また、整体院(カイロプラクティック)と接骨院もよく混同されてしまいますが、国家資格などは必要なく誰でも開業できる民間療法です。
ご注意頂きたい点は交通事故の後遺症治療などで整体院(カイロプラクティック)に通う場合、保険会社から治療費は一切支払われないということです(全額実費扱い)。

当院長から交通事故被害者様へお伝えしたいこと

交通事故の後遺症治療の場合には、まずは整形外科に通院するという方がほとんどだと思います。整形外科医が被害者のために熱心に治療をおこない、そこで治療効果が見えれば全く問題ありません。
しかし、通院しても「痛みが取れない」、「温めて牽引をして終わり」など治療の効果があまり見えない場合もございます。
整形外科医にとっても後遺症の治療や判断は難しいと言います。
医師はレントゲン、MRI、CTを撮影して診断をおこない、それでも原因が特定できない場合、お薬(痛み止め)や湿布を処方しながら経過観察をするだけということが実際よくおこなわれております。
しかし、痛みを持っている当人としては何とか症状を改善させたいというところが本音かと思います。

交通事故治療における押さえておきべき3つの大事なポイント!

①自身の身体の状態を、ご自身で勝手に評価・判断しないこと♪
②事故直後、速やかに病院で検査を受け、できる限り早く治療を開始すること♪
③自分にあった医療機関を受診すること♪

<!>プロから見て、オススメしない医療機関等(接骨院も含む)の例
・時間だけ待たされて、治療は数分
・いつも同じことしかおこなわない
・お話を聞こうとしない
・質問をしても、納得する答えを頂けない

鍼灸接骨院 そら の交通事故後遺症治療!!

当院では「高濃度炭酸ミスト」での治療(ボーア効果)を取り入れ「治療時における痛みが少なく」「効果的に治癒する」ことを実現しました。 この治療は主にエステ分野で活躍していた炭酸ミストを運動器の治療に応用したところ、可動域の改善や筋肉の緊張からくる痛みの緩和に多くの治療効果をもたらすことが経験からわかってきました。
当院はこの「高濃度炭酸ミスト」の治療方法にいち早く目を向け、研究をくり返しながら、今の形となりました。
この結果、従来の治療方法よりもより早く痛みを緩和することが可能に!!
後遺症でお困りの方、ぜひ当院へお気軽にお問い合わせください。

接骨院と整形外科、どちらがいいのですか?

どちらも必要です。
その理由に人身扱いにする場合、必ず病院発行の診断書が必要になります。接骨院ではレントゲン検査やMRI検査などをおこなうことができませんので最初に病院で精密検査をして頂きます。 また、症状が長期間にわたり継続する恐れがある場合、一般的に症状固定となり今後の方針を決める後遺症認定という手続きに移りますが、 その際にも病院への通院歴が重要になってきますので、当院では必ず病院との並行治療を皆様にお伝えをさせて頂いております。

特別メニュー

週3回程度の集中通院で、早期に患部の痛みを緩和し、回復能力を高めていきます。
通常 当院提示価格36万円 ⇒ 自賠責保険適用で、自己負担額0円


施術内容

・高濃度炭酸ミストセラピー
・特殊電気治療【ハイボルテージ(高電圧電気刺激)療法】または【コンビネーション(高電圧電気刺激超音波)療法】
・電気はり
・その他

交通事故による
後遺症治療のご相談

フリーダイヤル
0120-810-570

メールフォームはこちら